結婚して妹の代わりに夫と同居したいが通知は必要か

素私の名義で借りてしる部屋に妹と同居してします今度私が結婚する事となり妹に別の部屋に引(一 越してもらい、私たち夫婦がその部屋に住もうと思っていますが、やはり大家さんに伝えるべきなの でしょうか。
圃夫と住むのなら原則として通知の必要はない借りている部屋に他人を同居させるのは、原則として部屋をまた貸しすることになり、大家さんに無断でこれをするのは禁止されています(民法612条)。
また、賃貸借契約書の多くは「第三者への譲渡・転貸(また貸し)」はもちろん、「貸室を第三者と共同して使用すること」も禁止しています。
なぜかというと、貸している部屋にどのような人が住むのかということについて、大家さんは無関心ではいられないからです。
例えば独身の女性にアパートの一室を貸したところ、途中から暴力団員風の男性と同居されたのでは、大家さんも困ってしまいます。
そして賃借権の譲渡または部屋のまた貸しにあたるとされる場合は、契約を解除されて、同 居人ともども部屋を退去させられることにもなりかねません。
それでは質問のケースがこれにあたるかどうかですが、結論から述べれば、また貸しにはなる。
結局、ご質問のケースでは、あなたが家賃の一部を徴収するつもりならば、大家さんからまた貸しを理由に契約を解除されるおそれがありますので、同居はしない方が賢明なようにと思います。
でもそれは、実際にまた貸しをして友人と同居するに至った場合のことです。
話を持ちかけ ただけでは、もちろん解除の理由にはなりませんから、退去する必要もありません。
開閉雪圃凹家族や使用人以外の 人から家賃を取って住めばまた貸しになる。

JR高田馬場駅から12分程の明治通りから一つ通りを奥に入ると見えてくる地上一階付き10階建ての白い外観のマンションがレジディア目白です。このマンションへは東京メトロ副都心線の雑司が谷駅や都営都電荒川線の学習院下駅、JR山手線目白駅からも徒歩15分以内という実に4駅4路線へのアクセスが可能な都心ならではの好立地な場所に位置しています。1階部分にはスーパーやドラッグストアも入っているので毎日のお買いものもここで済ませることができます。
マンション内にはコンシェルジュが常駐しており、宅配便の発送代行やランドリーの手配なども代行してもらうことができます。防犯対策にも自信があり、オートロックをはじめとして防犯カメラの設置、各住居のドアには特殊な鍵を採用しているので女性の方でも安心して暮らせる作りになっています。
間取りは1Kから3LDKまでとシングルからファミリー層まで幅広いプランニングになっています。フローリングに白い壁の広々としした室内に広さも十分なシステムキッチンが配置されていて、バスルームや洗面台はモダンでシックな作りに加えオートバス機能や浴室換気乾燥機も完備されており快適な空間になっています。
レジディア目白の周辺には神田川も流れていて川沿いの遊歩道を散歩するのにも良いですし、近くには公園や自然施設があるので都心にいながら自然を感じて暮らすことができる理想的な居住環境になっています。